チャプター 8

サヴェクがオベリスクの前で嘆願している。それは彼女の前にそびえ立ち、洞窟の入り口から紫色の空に向かって延びている。黒い金属の表面は虫の体のように波を打っている。勝利と超越を暗示しているかのようだ。

<<進化するには、一度破壊されなければならない。>>

エーテルの鼓動が前傾姿勢の彼女の体の中を駆け巡っている。短くなった腕にむずかゆさを感じていた。腕が再成長を求めているのだ。体から流れ出ている淡く甘いエーテルが、他のメンバーのものと混じり合っている。

<<肉体と精神は檻でしかない――解放されなければ、永遠に無価値のままだ。>>

サヴェクの爪が発作的に粒子の荒い土を掘っていると、突如として彼女の体が破裂した。その肌は引き裂かれ、内臓は器の外へと飛び出している。エーテルの眩い光は今や、より強欲な力と混じり合っていた。連結組織からプラズマが放出されると同時に、彼女の体が膨張し、膨れ上がるキチンの中で脱皮と再生を始めた。

<<肉体の牢獄が破壊され、その精神は解き放たれる――かような栄光は、簡単には手に入らない。>>

<<血肉を見捨てろ。来る進化の前では、降伏するほかないのだと認めさせろ。>>

今やサヴェクは新たな神の前に跪いていた。その精神は破壊され、連続動作の中で作り直されていく。サヴェクの目の前で、彼女の記憶が連続性を失って複数のイメージに分解されていく。サヴェクの目の前で、彼女のアイデンティティが見知らぬ存在の不可知の動機の中に分解されていく。サヴェクの目の前で、彼女自身が自我のない存在へと変わっていく。

<<やがては知る――苦痛と恐怖を通して――かつての自分はどこにもなく、来るべきもの、そしてそれに続く苦痛だけがあるということを。>>

<<かつての自分は崩れ去り、あとには苦しみだけが残される。>>

それが初めて頭を上げると、同じく姿を変えた塔が目の前にあった。その黒い尖塔は今や新たな領域を生み出し、産道のように開かれていた。深緑色の複数の太陽が頭上で狂ったように動き回る中、それは裂け目から巨大な大聖堂のホールへと引き寄せられていった。そして囁き声が全てを満たした。

<<かつての自分は崩れ去り、あとには苦しみだけが残される。>>

<<あとには苦しみだけが残される。>>

<<苦しみだけが。>>